夏休みのレジャー費用の予算はどのくらい?

こんにちは。
お天気の日は明るい日差しにセミの声、まさに夏って感じですよね。
テレビでも真夏日や気温のニュースをよく目にします。
こうなると、子供のころのドキドキを思い出しませんか?
お出かけ、したいですよね!

うちの子たちはまだ小さいですが、プレの園に通うようになるとやっぱり夏休みは楽しみなようです。
そして小学生の子をもつママ友は「夏やすみは絵日記や自由研究の宿題があるから、どこかに出かなくっちゃ!」と言っていました。

夏休みに子どもとお出かけするのに使う費用は3万円以内という家庭が約68%、半数以上のおうちの予算はこのくらいなのだそうです。そこから目的を決めて2~3回、レジャーに出かけるんですって。
レジャー費用にかける金額は月割りにするとだいたい手取りの1.5~2%程度が平均値といいますから、確かに納得の数字です。
手取り30万円で月々4500円から6000円。
一年で54000円から72000円。ボーナスも入れて年間大体10万円くらいの予算を取っている家庭が多いみたいですね。
もちろんアウトドアや旅行が趣味なら3~4%というおうちもあるんだとか。
月々貯めておくことも夏休みを充実させるのには大切なのね……。

プールや海、土いじり体験やキャンプなど色々なアクティビティを選べるのも夏休みの醍醐味ですよね。
動物園や博物館などでも参加者を募集していたりもしますから、情報を集めてみたら素敵な体験イベントに参加できるかもしれません。そうすれば一回の参加あたりの金額がお安く済んでしまうかも……。
それからレジャーに関することってとてもたくさんの選択肢があるんですよね……。

次回はお得にレジャーを楽しむ方法をご紹介したいなと思います。

夏のボーナス、どう使う?

こんにちは。

習い事どうしようかな、なんて考えているうちにあっという間に7月になりました。
水遊びの季節まであとちょっとです。
さて、そろそろ夏のボーナスの時期ですよね!
セールも始まりますし、やっぱりワクワクしちゃいます……。

2016年、いったい世間ではどのくらいのボーナスが出るんでしょうか?
ざっくりとですが
公務員の場合 63万~65万円
大きい会社の場合 83万~85万円
中小企業の場合 80万円~82万円
このくらいの金額が予想されているんだそうです。
ちなみに一般財団法人労務行政研究所が5月に発表した妥結水準調査では
734,090円という数字が出ています。
「ボーナス」の平均金額なので、パパの世代によってはまた変わってくるかとは思います。

では気になる使い道はというと……。
まずは貯金にまわす人がダントツで多いそうです。
それから、ローン返済、株や投資信託、旅行や外出、次に来るのが【子どもの教育費】!
2015年のデータではボーナスのうち145,573円が教育費に割り当てられていました。
一年間の習い事の予算もここからあてるというのはどうかな?
パパと相談してみないといけませんね……。

それから子育て世代としては、まずは貯金する金額を決めて別の口座に移してしまうという方法をとるといいそうです!
あると使っちゃいますものね……。

ちなみに今年の「夏のボーナス」に関するアンケート調査では、貯金にまわす金額の平均は207,429円という結果が出ています。

賢くやりくりしたいですよね!