知っておきたい【ふるさと納税】のしくみ!

こんにちは。
水遊びが楽しいらしく、子どもたちは水でっぽうで遊ぶことが最近のお気に入りのようです……。

さてさっそくですが、気になる【ふるさと納税】のしくみをご説明したいと思います。
前回はふるさと納税の「お礼の品」がレジャーに使えるということ、種類も豊富でいろいろな選択肢があることをご紹介しましたよね。
実はこのふるさと納税で寄付をすると住民税の2割程度が還付・控除されるのです!

「お礼の品」+「税金の控除額」>寄付した金額

となるパターンが結構多いのがふるさと納税のメリットです。
年収や家族構成によって変動しますが、ご自分の自己負担金を実質2000円程度に抑えて、たくさんの「お礼の品」をいただくことができるんです。

ポイントは二つ
①自分の家庭の控除上限額を正しく把握すること
②確定申告の手続きをすること

申し込みからの流れは?
①ふるさと納税のサイトや自治体のホームページから情報を集めて、申込みをします。
②お金を振り込みます。インターネットを活用すればクレジットカードで決済OKです!
③お礼の品やチケットが送られてきます。
一緒に自治体からの寄付の証明書も送られてきますので、大切に保管してくださいね。
④確定申告をしましょう。このときに自治体から受け取った証明書が必要になります。

またワンストップ特例とは、ご自分で確定申告をしないサラリーマン家庭などが利用できるシステムです。確定申告が不要になりますが、寄付した自治体へ書類を提出します。
①の申込み時に問い合わせて、申請書が必要なら送付をお願いしておくといいかと思います。
その年の住民税から所得税の還付と、翌年の住民税から控除が始まります。

いくつかの自治体に寄付をして、体験チケットや入場券などをもらい、実際の負担金が2000円となればかなりオトクなのではないでしょうか!

レジャーのお得な楽しみ方、知ってますか?

こんにちは。
もう夏本番!暑い日が続きますね。

でもやっぱり夏はレジャー!夏休み!バカンス!っていう雰囲気がいいですよね。
でも、貯金もしたい、教育費も確保したいという子あり家庭には娯楽に予算をたっぷりと取られてしまうのは考え物です。
そこで、お得に楽しめるレジャーはないかな?と都合よく探してみましたら……。
あるものなんですね……!

それはずばり【ふるさと納税】!
ふるさと納税とは、個人で行える自治体への寄付のことです。が、寄付してお得とはどういうシステムなんでしょうか?
各地方自治体にもよりますが【ふるさと納税】を行うと、お礼の品がいただけるんです。
お米、お肉、特産品などなど……。
そんな魅力的なお礼の品の中にはイベントのチケットや、体験コースなど様々なアクティビティがあるんですよ!

埼玉県宮代町では東武動物公園のワンデーパス二枚組、鹿児島県曽於市ではフォレストアドベンチャーの大人二枚・子ども二枚のファミリーチケットがもらえます。
群馬県中之条町では寄付金の半額がリターンされる金券チケットが送られてくるそうです。つまり一万円寄付すると半額の五千円ぶんの金券が送られてきて、宿泊費用やガソリン代にあてられるんですって。ついでに特産物のオマケもついちゃうそうです。
岐阜県各務原市に一万円のふるさと納税寄付で「アクア・トトぎふ」の入館チケットが五枚セットでいただけるんです。まだまだたくさんありすぎてご紹介が追い付きません……。

でもそれだけだったら、一万円だしてもおつりがくるのでは?なんて考えちゃいますよね……。
実はふるさと納税に参加すると、【税金が安く】なるんです!
これは見逃せないと思いませんか?

次回は申し込み方法や一連の流れなどを詳しくご紹介したいと思います。