時短で働くママは要注意 「106万の壁」でこう変わる!

こんにちは。

子どもたちと公園で遊ぶには、まだまだ日焼け止めが手放せない日が続きますね。

さて、前回は10月から始まる「社会保険の適用拡大」をざっくりとご説明しました。
今回はその制度の施行で、どんな変化が出てくるのかをご紹介したいと思います。
この制度はパートなどの時短で働くママの家計には、結構ダイレクトに響くようですよ……。

【1】週の労働時間が20時間以上
【2】月収が月8.8万円(年収で106万円以上となる)
【3】勤務している期間が1年以上
【4】従業員数が501人以上の会社

という条件にあてはまる方が対象となります。

今まではパパの保険に加入していた分を自分で払わなくてはならなくなりますから
健康保険料 + 厚生年金保険 この部分が出費としてかかってきます。

一例をだしますと、健康保険料が約4400円・厚生年金が約8400円として……。
130万円 − 15万3600円 = 114万6400円 と手取りの収入が減ってしまうのですね。

ではどうしたら??

1. 106万円に年収を抑える
これは単に許容している範囲でお仕事をしていく、というスタイルですね。
2. 年収150万を目指す!
このラインが保険料や税金を収めても、損をしない年収の目安になるのだそうです!

それから残業などの時間外労働、賞与、通勤手当など各種手当は除外されます。
交通費込みで107万円だわ!なんてママは慌てないでくださいね……。

110万円働いた人が、100万円分働いた人よりも手取りが少なくなることがある制度です。
もちろん年金アップといったメリットもあります。

パートに出ている、もしくはこれからパートしようなんて考えているママは気をつけてくださいね。

10月から始まる「社会保険の適用拡大」ってご存知でしたか?

こんにちは。
9月は暦の上ではすっかり秋ですが、まだまだ暑い日が続きそうですよね……。

ところで「130万の壁」って耳にしたことはありませんか?
パートタイマーで年収130万円以上お給料をいただくと却って出費が増える……というアレです。
この130万の壁が2016年の10月、つまり来月から「パートタイマーに対する社会保険の適用拡大」として刷新され、制度が変わるそうです。
でもこれっていったいどういう事なんでしょうか。

今までは「103万の壁」と「130万の壁」の二つがありました。
「103万の壁」というのは、所得税に関係します。
パートなどの収入が103万円以下の場合所得税がかかりませんが、103万円以上年収があると所得税がかかりますよ、という事なのですね。
「130万円の壁」というのは、健康保険に関することです。
夫が公務員やサラリーマンといった家庭の主婦は夫の健康保険に「被扶養者」として自己負担なく加入していますよね。
これは妻の年収が130万円以下ならば、夫の健康保険に加入したままでOK
けれども130万円以上ならば、扶養を抜けて自分で社会保険に加入してくださいという事なのだそうです。

来月から導入される制度は、この「130万円の壁」が「106万円」に金額が引き下げられます。

でも、これってパパと一緒の保険に加入しているママたちには重要な改正ですよね!
次回は実際には、どのような影響が出てくるのか、お知らせしたいと思います。